シモテン日記

キーボード故障!分解するも原因不明

先日、息子が使用していたキーボードの左側の一部のキーが反応しなくなったことがわかりました。
原因を調べるためにキーボードを分解してみましたが結果的にはわからず、早々に買い替えることになりました




息子が使用していたキーボードは「ゲーミングキーボード」と呼ばれるもので、キーストロークが長めで暗闇にLEDが怪しく光る仕様でした
息子の度重なる連打により、キー表面の記号や、塗装もはがれてしまっていました

息子の訴えによりますと
「突然、キーボードの左側、一部エリアのキーが反応しなくなった。これじゃあログインも出来ないし、パソコンが使えない」ということです

これに対してシモテンは、原因究明と、好奇心から、早々に分解作業を進めました

分解作業は、裏側のプラスネジを全て外し、シート状のプリント基板に接続されているコネクターを外した後、プリント基板の取り出しが行われました

シモテン
「一つ一つのキーボタンはツメで引っかかっているが、少し強めに引っ張れば外れるようになっていた。掃除をする時には、ツメを折らない様に注意が必要ですね。」と注意を呼びかけています

更に
「今日の分解作業では、プリント基板を取り出してみましたが、焦げ跡などの痕跡を見つけることは出来ませんでした。プロがテスターなどで調べていけば原因はわかると思いますが、素人の私には、ちょっと無理でしたね」と話していました

一方、息子は、シモテンが分解による原因究明に取り掛かっている最中に、すでに次のキーボードの検索をスマホで初めていました
発注から二日後には、新しいキーボードが自宅に届き、パソコンやゲームが再開されたようです




👇サンデーメカニックshimoのDIY日記も見に来て👇
サンメカshimoの日記

👇ランキングに参加しています!クリック応援して下さい
にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村

👇出来れば、こちらも応援してください

自分磨きランキング