シモテンです
仕事で使っている腕時計が止まった
「TECHNOS」のダイバーズウォッチもどきのゴツイ腕時計だ
一応「20BAR」にはなっている
電池交換1

高級腕時計ではないので、慎重に取り扱うまでもない
唯一、しっかりチェックしなければならないのは各ボタンや裏蓋に使われているゴムパッキンの劣化や破損だろう
さすがに水分や埃の侵入は防がなければならない
大きささえ分かれば、ネットでも購入することは可能だ
今回は「ダイバーズウォッチの電池を自分で交換する方法」を紹介する
  
必要な工具
ダイバーズウォッチの裏蓋を開けるためには専用工具の「オープナー」が最低限必要だ
オープナーの爪を腕時計の裏蓋にある溝に引っ掛けて、裏蓋を反時計回りに回すのだ
オープナーは安いもので2点支持、少し高いものでは3点支持のものがある
最近は100均でも100円ではないかもしれないが、チラッと見かけたような気もする
勿論、高い工具には「高いなりの理由」がある
ベルト交換3

加えて、腕時計を確実に固定できる「作業台」や「固定台」があると、傷を付けてしまう可能性を下げることが出来る
100均にあったゴムパーツが腕時計のフェイスにピッタリだったので、台座の代わりにして作業を進める
滑らずに腕時計を保持できて、結構便利だ

電池交換2

100均の電池に交換
裏蓋が外れたら、ゴムパッキンを外して状態をチェックしておく
ゴムパッキン周辺や、裏蓋の内側などは普段掃除出来ないので、この機会に綺麗にしておく
ムーブメント本体を押さえている樹脂パーツを上方に持ち上げて外す
ベルト交換4

ボタン電池を留めているツメを外せば、ボタン電池を取り出す事が出来る
使用されえているボタン電池は「SR626SW
ベルト交換15


ボタン電池を入れ替えて、逆の手順で元通りに組みなおしていけば完了だ
本来ならば、防水テストなどを行い完璧を目指すところだが、素人では水に漬けて侵入しないレベルで満足できてしまう
「20BAR」は200m潜っても大丈夫、ということではないらしいので使用には注意だ

シモテンの動画で紹介

👇「ダイバーズウォッチの電池交換を自分で行う方法」





👇サンデーメカニックshimoのDIY日記も見に来て👇
サンメカshimoの日記

👇ランキングに参加しています!クリック応援して下さい
にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村

👇出来れば、こちらも応援してください

自分磨きランキング


スポンサードリンク