日曜どうでしょう~

サンデーメカニックshimoの自由なサブブログ 車、バイク、アウトドア、旅等など何でもアリの脱力タイム

アウトドア、車、バイク、スキー等、外遊びが好きなオッチャンshimoterのメンテナンスと日記帳

スマホ

俺のスマホも非接触式で充電出来る!?

シモテンです
愛用してきたスマホが故障した
作りは頑丈で防水性能も高く、長く使おうと思っていたのに残念だ
まったく充電出来なくなってしまったのだ
修理代はメーカーに送ってみないとわからないとしながらも、0~38500円との事だった
大体、このような場合は10000円以上の請求を予測する(根拠は無いが)

充電が出来ないトラブル
携帯、スマホのトラブルで最も多いのがディスプレイの破損だ
落下や水没などの人為的ミスが原因は、注意すれば防ぐことが出来る
また、バッテリー機能の低下は、消耗品なのでトラブルとは言えない
どうにもならないのが、ボタンが反応しない等の物理的故障だ
「全く充電出来ない」トラブルに見舞われたのだが、ショップの人によれば
「電源の差し込み口が原因かもしれない」
との事だ
確かに、毎日何回も抜き差しを行い、家庭や車、モバイルバッテリー等のそれぞれに違うメーカーの充電コードを使っているので品質もバラツキがある
酷使されている「差し込み口」も、消耗品なのかもしれない

スマホを買い換え
スマホのトラブルで修理する人は約6割
「スマホ保障」に入っていれば、0円で解決することも多いので当然修理するだろう
しかし4割の人は、これを機会に「買い換え」を選択する
修理費用を考えれば、お気に入りのスマホも結局は買い換えるしかなかった
しかし、今回経験した「差し込み口のトラブル」は避けたい

極力、抜き差しを行わない方法は無いのか!?

ワイヤレス充電に対応していない

スマホも簡単には買い換え出来ない状況になったし、1台を長く使いたい
しかし、同じ様な差し込み口(ジャック)のトラブルは避けたいところだ
ジャックの抜き差しを行わない方法として「ワイヤレス充電」がある
充電器台に置くだけで充電が可能で、コードレス電話にも使われている便利な機能だ
「iPhone」を使っていれば、ほぼ問題ないのだが、「Android」ではワイヤレス充電出来ない機種が多い
購入した「ARROWS F-03L」も非対応だった
購入時には、気にもしなかったが残念だ
ワイヤレス充電は、諦めるしかなさそうだ
「残念!」
と思っていたのだが

こんなのがあった!
ワイヤレス充電器を諦め、取りあえず「type-c」の充電器を探してみる
するとAmazonで、こんな商品を見つけた!
DSC_0130

DSC_0133

これだよ、これ!

こう言うのが欲しかったんだよ!

小型の差し込みアダプターをスマホ本体に差し込み、強力なマグネットが付いた充電ケーブルを接続してスマホを充電するのだ
最大の利点は「小型アダプター」をスマホ本体にずっと挿入したままで充電が可能な事だ
つまり

差さなくても充電出来る

毎日何度も繰り返されるケーブルの抜き差しを無くすことにより、スマホの故障原因である「差し込み口のトラブル防止」に絶大な効果を発揮する

勿論、挿入されたアダプターは突起物であり、物に引っ掛かったり、落下時には差し込み口にダメージを与える可能性はある
しかし、小型アダプターの縦幅は約8mmで「ARROWS F-03L」の厚さよりも小さく、装着時に本体からはみ出すことはない
角も丸く成型されており、極力抵抗を無くす工夫がされている

画像は「ARROWS F-03L」で撮影した、別のスマホ
IMG_20191104_231418

注意しなければならないのは、同じような「マグネット式充電ケーブル」でも、接合部分が円形の商品は装着時にスマホ本体からアダプターがはみ出してしまい、引っ掛かったり、外れてしまう
アダプターが楕円形の商品が絶対にお勧めだ

充電ケーブルの接続部分にはブルーのLEDが組み込まれていて、暗闇でも簡単に見つけて楽に接続することが出来る
IMG_20191104_231320

類似商品の中には「マグネットが弱くてすぐに外れてしまい使い物にならない」といった書き込みも見られるが、この商品は結構磁力が強い
スマホをぶら下げてもかなり余裕で持ち上げられるし、真っ直ぐに引っ張るとアダプターが一緒に引っこ抜けてしまう事もある
真っ直ぐに引っ張るのではなく、アダプターとの接合部を折るようにして外すのが良いと思う
マグネット1


1000円前後の値段で「Lightning、Microusb、Type-C」と三種類のアダプターも付いて、

「格安なAndroidスマホ」を長く使おう!

と考えている人には「マグネット式充電ケーブル」がお勧めだ

👇サンメカshimoの日記も宜しくお願いします


👇サンデーメカニックshimoのDIY日記も見に来て👇
サンメカshimoの日記

👇ランキングに参加しています!クリック応援して下さい
にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村

👇出来れば、こちらも応援してください

自分磨きランキング


ドコモから新しい販売方法が発表された
スマホおかえしプログラム」だ
どんな「おかえし」をしてくれるのだろうか

完全分離化
今秋にも通信料金と端末代金を分ける「完全分離」が義務化される
端末代金を安くみせるために、通信料金を高めに設定していた「セット割り引き」が出来なくなる
端末代金、「0円」のようなことが出来なくなる
今までは、スマホ本体の割引分は非常に複雑で分かりにくい方法で、通信料金に組み込まれていた
料金確認サイトでも、様々な項目が並んでいて見るのが嫌になる位だ

通信料金が明確に分かってしまうと、他社との比較検討が容易になる
競争に勝ってユーザーを確保するには、画期的なサービスでも無い限りは、通信料金を下げるしかない

下がった通信料金分は、端末代金の「割り引き」を無くすことで回収することになる
しかし、極端に端末価格を下げることは出来ない
そこで、今回の新たな販売方法「スマホおかえしプログラム」の登場だ
スマホ

新販売方法「スマホおかえしプログラム」とは
「スマホおかえしプログラム」とは、スマホの支払い代金を、ドコモが最大で3分の1免除してくれるのだ

やったぁ!
3分の1をドコモが払ってくれるなら、3分の2の値段でスマホが買えるってこと!?

違います!

更に詳しい「おかえしプログラム」の中身は
今年6月以降に新発売されるドコモ指定の機種が対象
端末価格は10万円前後の高額機種
三年間の分割払い設定
その上で、分割支払い2年後に端末の返却(おかえし)、または残り1年間払い続けて分割払いを完済させるか選択する

なんだかこの仕組みは、現在自動車メーカーが行っている「半額で新車に乗れる」という方法と同じじゃないか!?

簡単に言ってしまえば「リース」だ

スマホを2年間のリース契約しているのと同じではないか
自分のものとして購入するには、今までと変わらない金額(3年の分割払い)を払うことになる

メリットはあるのか
この「スマホおかえしプログラム」は、どんな人だったらメリットがあるのか
それは、最先端のスマホ機種をいつも使いたい人だ
常にリース状態ではあるが、2年に一度の機種変更をすることで端末価格の「3分の2」の料金で使用することが出来る

つまり、新しい高額スマ'ホ端末に2年ごとに次々と買い替えている人には朗報である

通信料金が下がることを考慮すれば、今持っているスマホの機能に納得していれば同じ端末を使い続けることがお徳だろう

↑このページのトップヘ